若い頃はスルーしていたが、今考えてみると大切さがわかった5つのこと。

個人ブログ。最近ようやく気づいたこと。

 

 

IMG_1082

今回は完全な個人ブログ。今週いろいろなことがあったので、(抽象的ではあるが)そこで学んだことを書いてみる。

多分、多くの人が似たような内容を目にしたことがあると思う。僕も若い頃(というか昔)はまったく気づかなかったことばかり。しかしここにきてある程度、気付いた気がしている。メモ的に書いていく。

 

人の良い部分を探すようにした方がいい

人の悪い部分は目に付きやすい。しかし、一回の愚行があったからといって、世の中はそれを非難しすぎではないだろうか。最近話題になったベッキーの件が顕著だと思う。10,000回人を明るくさせた人がたった1回人を暗い気持ちにさせただけで、世の中全体は一斉に叩いてしまう。(たしかに現状、それが世の中というものではあるが・・・)まあ、不倫とかありえんけど!

しかし10ある悪い部分・負の行動でなく、100あるその人の良い部分・良い行動を理解する方がいい。悪い面を見ると結局誰もハッピーにはならないし、何よりみんな嫌な気分になる。そして悪い面は、出させないように周りが工夫すればコントロールできる。

 

相手に認められるためには、相手を認めること(相手に好きになってもらうには、相手を好きになること)

というか、ミラーリングとでもいうのか、相手に対して思ったこと(抱いた感情)がそのまま相手もそのように思う。苦手な上司、苦手な先輩、どんな人であれ、自分から相手を好きになり「いいね!」と思うようにするだけで、本当に相手からも好かれるようになってくる。相手を否定せず、いいところを認めるだけでみんなハッピーになる。ぜひ実践してほしい。

 

粘り強く願うことで、願いに近づく

これは本当。自分の思考を一つのこと、自分が本当に願うことに集中させることで、あらゆる思考や行動がその願いに関連づくものに切り替わる。

ただこれはスピリチュアルな話というよりは、至極シンプルで全うなことを言っている。要するに、○○を達成したいと考えることで、その方向に自分の行動が寄り、その通りに進むようになるということ。意外とこれはかなり大事。

 

気になる人、会いたい人には自分から行動して会った方がいい 

自分がなんだか気になる人は自分から連絡をとってアクションをとった方がいい。ひとつ行動に移すと、その行動がきっかけで次の自分の行動が見えてくる。そしてすべての行動、起こっていることに意味がある。

関心あるもの、直感的に感じるものに対して行動することで、自分に必要なものを得ることができる。物怖じしないのがポイントである。

 

当事者意識を強く持つことで、仕事はうまくいく

仕事はどんなものであっても自分が主体で考えた方がいい。自分のミッションについては当然そうだが、例えばサポートとして参画している場合。

サポートと自分自身決めつけてしまっているものは、それがどれほど貢献できているかどうかに関わらず、本当の仕事と言えない。必ず気持ち的に手を抜いてしまっているはずだ。すべて自分が当事者のつもりで働いていくことが何より大切だと思う。

 

結局のところ自分もそうだったのだが、これらを何度活字で読んだとしても理解することはできなかった。それは自分自身の実体験からしか学べないということ。そしてこれらが腑に落ちて、「そうだったか!」と思うためには、勇気を持って第一歩を踏み出すことが必要になる。多分、それだけですべてがうまくいく。(が、この内容を読んでも行動に繋がらなければ、それはまだわからないということになる。)

 

これらのことが自分はわかっていたようで気付いていなかった。昔言われていたら、多分素通りしてスルーするかもしれない。でもそんな時も気付いた時から変わればいいのかなぁと。