IVS Springにて一流起業家より語られた、20 代の働き方/経験の積み方

 

 

2014年春に開催されたIVS(Infinity Ventures Summit)Springで開催された、超一流起業家の方々による20代の働き方、経験の積み方の対話がとても素晴らしいので、記載いたします。

以下、本文引用させていただきます。

ー 20代ではどのような【経験】をすべきでしょうか?

■ グリー株式会社 取締役 執行役員 荒木 英士 氏

【やらざるを得ない環境】へ行くことが大切だと思います。あえて【自分ができない環境】に進むことで、しばらくは大変な状況が続くこともありますが、そのうち【できなかったことができるようになる】という成長を経験できると思います。


■ コーチ・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 有安 伸宏 氏

私には様々な分野で【向上心】があり、たくさん【勉強】をしてきましたが、机上の勉強だけではあまり意味がないと思っています。寧ろ、【アクションしている方のそばにいること】の方がとても勉強になります。【人、経験、本】から学ぶ中で、最も勉強になることは【経験】だと思います。


■ 株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 ゲーム第一本部長 赤川 隼一 氏

【今の自分では少し無理な環境】に、背伸びをして身を置き、過剰な経験をすることがよいと思います。はじまから起業家も【スーパー社長】というわけではなくて【なんとか応えるべく必死になった結果】が現在に至るのだと思います。

また、【責任を負う】ことが大切です。自分で問題定義して仕事をまわせていける方もいますが、他人に対する責任を経験することも重要です。【どうにかして次に繋げなければいけない】と思い、がんばれる瞬間がある環境は最高だと思います。


■ 株式会社ワンオブゼム 代表取締役社長 CEO 武石 幸之助 氏

【自分が決めたことを守り、自分の決断をやりきる】ことを経験することが重要だと思います。これは、【自分が強くないとできないこと】でもあります。私は、目の前でサイバーエージェント藤田社長の【覚悟】をみてきて、藤田社長の【何事もやりきる姿】をみてきました。【目標】をもちながら、働くことがとても大事だと思います。

関連リンク:https://medium.com/@IVS_Official/20-ivs-144e06553b47

制限やハンデの中でこそ、クリエイティブなものは生まれる。被災地の17歳がプロ漫画デビュー。

 

 

福島県で避難生活を続ける17歳の女の子が、ネット上で話題を生んでいます。

Screen Shot 2015-06-14 at 00.47.38

彼女はなんと、15歳にしてプロの漫画家デビュー、そして17歳で人気漫画雑誌「なかよし」の連載が決まったそうです!
これは異例中の異例。

インターネット上の声

スクリーンショット 2014-07-20 1.30.57

聞けば、元々好きであった漫画を書くこと(自分が得意であり、関心があったこと)を活かして、自分にできることがしたかったとのこと。
「被災により、苦悩を強いられている家計をなんとか助けたかった、自分にできることは何かを考えて漫画だと思った。」とコメントしています。

また、なかよし編集長は、「彼女は作品の完成度だけでなく、17歳にして自分に何が足りないのかを自覚しているのが最大の強み」とコメントしています。
とても17歳とは思えない、本当にしっかりとした、志の高い17歳です。

 

ところで、この記事を見たときに、私は先日の家入一真氏のつぶやき(以下)を思い出しました。

スクリーンショット 2014-07-20 1.39.53


制限やハンデ、どんな障壁があっても、本気でやればきっとクリエイティブなものを生み出すことができる。

 

【リーダー/起業家必見】筑波大の調査で明らかになった「人が共感する11選まとめ」

 

 

ビジネスにおいても、なにかのチームプレーを行う場合でも、もちろん恋愛においても、「人に共感してもらうこと」はとても大切です。

小手先の技ばかりではナンセンスですが、ここでは冷静に人はどんなものに共感するかを見てみましょう。

sympathy

 

1.楽しいもの、面白いものに共感する。
2. 心に響く、イメージしやすいもの共感する。
3. 誰かの経験を自分の経験と照らし合わせて共感する。
4. 人の笑顔・ほほえみ・涙・意志が伝わる表情に共感する。
5. 誰かのために尽くそうとする姿勢に共感する。
6. 人の本気の思い・夢・志に共感する。
7. 人の熱意・諦めない姿勢に共感する。
8. 人の正直さ・誠実さ・潔さに共感する。
9. 人の喜怒哀楽に共感する。
10. 人の勇気ある行動に共感する。
11.人の美しさ・優しさに共感する。

 

いかがでしょうか? もちろん相手に共感してもらうためには6. のように本気で取り組む事が大事です。
また、これらに共通する考え方として、「人は論理で納得させ、感情で動かす。」
ぜひ、これら11選を実践してみてください!

好きな事だけを続ける。仕事を楽しむために必要なたったひとつのこと。

 

 

あなたは、本当に自分の仕事を楽しんでいるだろうか?
もし楽しんでいないとしたら、この動画をおすすめします。

京都大学を卒業後、ゴールドマンサックス証券、FacebookJapan設立を経て、2010年ウォンテッドリー株式会社を創業。
そんな経歴を持つ仲暁子さんが、”ココロオドル仕事の見つけ方” について、シンプルにお話しされています。

スクリーンショット 2014-07-19 16.32.21

スティーブジョブズの言葉。「偉業を成し遂げるためには、自分が情熱を注ぎ込める仕事をする必要がある。それをまだ見つけていなければ、探し続けろ。」

 

 

スクリーンショット 2014-07-19 16.35.09

 

Wantedly Inc. 仲暁子 CEO

 

スクリーンショット 2014-07-19 16.32.42

 

仲さん自身も、仕事を辞めたとき、何がしたいのかわからなかった。
上記は岡本太郎の言葉で気づきを得たという。

 

スクリーンショット 2014-07-19 16.32.04

ゴールドマンサックス証券を退職した時、仲さんは24歳。明日からの生活に不安を持ちながらも、希望に満ちあふれていたという。

 

スクリーンショット 2014-07-19 16.33.20 

まず、小さい頃に夢中になり、将来の夢でもあった  “漫画家” を目指し、半年間北海道に籠もり、漫画30本を書き上げた。
しかし、やってみてこれは自分には違うと悟った。

 

スクリーンショット 2014-07-19 16.33.43

次に、子供の頃からやっていたプログラミングの知識を発展させ、Facebook Japanチームに参画。
0から1を生み出す、学生時代に取り組んでいた “ココロオドル” 仕事を見つけた。

 

スクリーンショット 2014-07-19 16.34.05

「人生の大半以上を占める仕事だからこそ、そこに対して、情熱を持って働ける人が増えるほど、世の中がとても元気な場所になる。仕事でココロオドル人が増えれば増えるほど、日本が元気になっていく。」仲さんは確信しています。

 

スクリーンショット 2014-07-19 16.34.38

動画はこちら


TED X Kyoto 2013 仲 暁子氏

ポイント

  自分が好きな事だけを続ける