LCCバニラエアラインを利用する際に気をつけるべき7つのこと

 

 

IMG_9619
札幌、沖縄、奄美などの国内便と、台湾、香港、韓国と人気のアジア圏に国際便を持つバニラエアライン。
 
台湾まで最安値往復10,000円以下でいけてしまうというその圧倒的価格メリットに加え、全日空(ANA)の100%子会社でもあることから、サービス面でも充実しているバニラエアライン。
 
 
しかし、実際に使ってみて感じた意外と知られていないポイントがあります。快適な旅行とするために、事前に知っておくべきバニラエアラインの注意点をお届けします。
 
 
 

1. 成田空港しか利用できない

バニラエアラインは羽田空港からの便がありません
 
すべて成田発着となるため、空港までの移動時間・移動費用を前提に旅行プランを立てなければならないため、意外と計画で見落としがちなポイントも出てきます。
 
例えば、帰国時間。着時間が成田で23時頃となる場合、東京都内にお住いの場合でも終電に間に合わなくなってしまうということも。LCCは時間取りに発着しないことも比較的多いため、帰国時間には注意が必要です。
 
 
 

2.ターミナルが非常に遠い

IMG_9949
バニラエアラインのターミナルはターミナル3。
 
主要ターミナルを過ぎた端にあるターミナル3は2015年4月に出来たばかりの新しい内装ではありますが、ここに来るためには、ターミナル2からは、バスで15分+徒歩5分ほどの移動時間が必要となりま
す。通常よりも時間がかかるので、要注意です。
 
都心部から空港まで直接バスで向かう際は、ターミナル3駅で降車することをお忘れなく。
 
 
 

3. 帰りはバスしか使えない

バニラエアラインの泊まるターミナル3は、JRや京成線から遠いところにあります。
そのため、これら電車を利用するためには空港内の乗り継ぎバスを使わなくてはなりません。
 
一番効率的なのはバス移動(東京駅まで1,000のTHEアクセス成田というものになりますが、ジェットスター/バニラエアラインの利用者のほぼ全員がこれを利用することになるため、行列は必須。事前の予約も視野に入れておきましょう。
 
 
 

4.座席指定は有料

チケット変更ができない、手荷物有料はわかるけれど、座席を指定するのは無料なのでは?!
と、お考えの人もいるかもしれませんが、実は座席指定も有料。プランによりますが、500〜1,000円がかかってしまいます。
 
一人旅の際は良いかもしれませんが、友達同士の場合は隣同士で座りたいところ。実際のところ、混雑していなければ席はグループで近くに座ることはできますが、カップル旅行などの際は確約するため、事前に指定しておきたいところ。しかし地味に財布に痛い。。
 
 
 
 

5.目的地の空港でも歩く距離が長い

15718704857_c4ea85fa2c_z

 
渡航後の空港においても、場所によっては空港から出るまでに長い距離を歩くことになってしまうことがあります。
一例として、台北の台湾桃園国際空港ではバニラエアラインは一番奥の滑走路を利用しているため、JAL/ANAよりも奥のゲートまで歩かなくてはなりません。。(約700メートルほど)
 
 
 

6.座席が狭い

これは仕方のないところですが、バニラエアラインの座席は結構狭いです。
 
高身長の大人男性では、ちょっとしんどいかもしれません。身長185cmの友人は足を常に斜めにしていました。。
LCCは「ウルトラエコノミー 」くらいの想定がちょうど良いかもしれませんね。
 
 
 

7.ドリンクはすべて有料である

最後はこれ。水やコーラなどのソフトドリンクを飲むだけで、最低200円かかってしまいます。 
 
アルコール以外は無料なのでは?!と思われる方も多いのですが、実体としてすべてのドリンクが有料です。(アルコールは400円〜)
そのため空港に着いたら、税関審査を通過後に自販機等でペットボトルのドリンクを購入しておくことをおすすめします!
 
 
 
 
以上7点、それでも圧倒的安さで便利なバニラエアライン。これら注意点を事前に考慮し、素敵な旅行計画を作ってみてくださいね。

自然派ラーメンの代名詞!東銀座むぎとオリーブが美味しすぎる

 

image

東京銀座駅から徒歩3分。

世界最大のユニクログローバルストアのすぐ近く、居酒屋やバーが立ち並ぶ中にひっそりと位置する自然派ラーメンの名店をご存知でしょうか。

 

「むぎとオリーブ」

image

なんと、ミシュランガイド東京2015にも掲載されているという、味は折り紙付きのラーメン屋さんです。

仕事終わりの平日水曜日に行ってみると、既に5,6人の人が並んでいました。

 

蛤、鶏、煮干しの3つからダシを取るトリプルラーメンをオーダーします。

image

+200円ほどで、煮卵、2種類のチャーシューが付く特製セットに変更することもできます。

image

 

先にオーダーしていたためか、入店後はすぐにラーメンが出てきました。

image

この透き通るスープ。前述の3種のスープからしっかりダシが取られ、体に優しい素敵な美味しさが広がります。

鶏は、鳥取県大山鶏のガラと丸鶏を使用しており、とても味わい深いです。

 

蛤もチャーシューも入っており、食べ応えもあります。

麺はヘルシーながら量もそれなりにあるので、男性の方もしっかり食べられます。

 

 

オリーブオイルをかけて食べることでさらに美味しさが引き立ちます。こちらもぜひ試してみましょう。

IMG_9598

オリーブオイルは皮膚や肌環境を整え、正常化する働きがあります。イタリア人はそのまま飲んだり、そのまま肌につけるということも一般的であるそう。

健康に良いオリーブオイルが合うというのも◎な一杯です。

 

 

営業時間がPM9時45分までのため、飲みの後に締めのラーメン!というよりは、ご飯として食べる感じになるでしょうか。

image

▲メニューはこちら

銀座に立ち寄った際は、ぜひご賞味あれ!

 

店名:むぎとオリーブ
電話:03-3571-2123
住所:東京都中央区銀座6-12-12 銀座ステラビル 1F

限りなくシンプルに、豊かに暮らす。必要最低限のモノだけで暮らすミニマリストとは何か

ミニマリストという言葉をご存知でしょうか。
限りなくシンプルに、豊かに暮らす生き方のことをいいます。

 

ミニマリストとは

ミニマリストとは、自分にとって必要最低限のモノだけで暮らす考え方をいいます。
都会の騒音や忙しさ、人々の欲深さに嫌気がさすことはないでしょうか。
そんなとき、原点に帰りシンプルに暮らそうとするのがミニマリスト。
「断捨離」という言葉が一時ブームを巻き起こしましたが、ここでいう必要最低限の「モノ」は、手持ちのものや家具など、物質だけを表すのではありません。
必要最低限の「人付き合い」、必要最低限の「情報」、必要最低限の「お金」で暮らすという生き方をすることをいうのです。
例えるならば、アルプスの少女ハイジを想像してみるとわかりやすいかもしれません。

ハイジはミニマリストの象徴!

Screen Shot 2015-11-17 at 20.00.50

ハイジと聞いて想像するのは、広大なアルプスの大自然、動物たちとのシンプルな暮らしでしょうか。
アルプスで暮らすには、必要最低限のモノだけで事足ります。お金も自分の生活を賄えるだけで充分です。都会の目まぐるしい量の情報も不要です。
それでも、山奥での暮らしが退屈だとか実りの少ないものかというと、そんなことは全くありません。
アドラー心理学で近年大変有名になったオーストリアの心理学者、アルフレッドアドラーはこう述べます。
“お金がいくらあっても、どれだけの有名人で名誉があっても、結局、人生というのは至極シンプルなものです。”
些細なことにとらわれず、人生を大局で眺めてみること。
そうすると、シンプルに考え、シンプルに生きることが見えてきます。

今この瞬間、目の前のことに集中する!

11891149145_90625b446b_z
シンプルに生きるということは、余計なものに邪魔されないことです。
都会のノイズに心乱されることなく、自分に必要なこととシンプルに向き合うこと。
それはSNSやテレビの様に受動的な情報でなく、自分の意思で必要な情報を掴んでいくようなクリエイティブで豊かなもの。
何より電波の先にいる遠くの人でなく、目の前の人といる貴重な時間を感じること。
そして時間軸で考えるならば、過去のことに捉われたり、未来を不安視するのでなく、今生きているこの瞬間に集中することを指します。

人は選択肢があるほど迷う

 3340033037_a600bc77c9_z
人間は選択肢を求めます。しかしながら近年の心理学の研究では、人間の選択肢が多過ぎると、かえって不幸になることがわかっています。
コロンビア大学シーナ教授による有名なジャムの実験では、選べるジャムの種類が1つの場合と2,3つの場合は、2,3つ選べる方が満足度が高い。
しかし、これが10,20種類となると、逆に満足度は下がってしまう。
(この実験によると最適な数値は、5程度とのこと)

モノや情報を集めすぎるのでなく、自分がハンドリングできる量だけ最低限持つほうが、迷うことなく、1つの大切なことに集中することができるのです。

 

 

ミニマリストの本質は求めすぎないこと

Screen Shot 2015-11-17 at 20.48.57
アルプスの少女ハイジに話を戻しましょう。
ハイジは、必要以上のモノを持ちません。情報やもしかしたら人付き合いにおいても、多くのものを求めていないかもしれません。
それは損をしているという見方もできるでしょう。
ミニマリストであるがゆえ、必要な情報や機会を逃しているのでは?と。
しかし決してそうではありません。
それは、目の前の大切なことに集中しているということです。
そして、自分が必要としないものを正しく理解し、求めすぎていないということ。
求めすぎないをさらにブレイクダウンすると、何かにとらわれず比較しない自分を生きていると換言できます。
誰かと比較しないから、求めすぎず、とらわれすぎない。自分が生きたい自分をシンプルに生きればいい。これこそがミニマリストの本質なのかもしれません。
最後に有名な孔子の言葉をご紹介し、記事を締めくくりましょう。
“Life is really simple, but we insist on making it complicated.”
「人生とはとてもシンプルなものだ。しかし、人々はそれを複雑にしようとする」
–孔子

【年間100万PV達成しました。】会社員をやりながらメディア更新を続けてきて思うこと

 
 
 
いつもBMLをお読みいただき、ありがとうございます。
 
1月末に再開した当サイトですが、昨日11月15日に年間100万PVを達成しました。
 
Screen Shot 2015-11-16 at 22.01.58
※2015年1月1日〜2015年11月15日の数値
 
だいたい均すと、月10万PVになるでしょうか。働きながら自分の関心あることを緩く更新してきましたが、一つ目標としていたところにいけたかなあと思います。(本当にいつもお読みいただき、ありがとうございます。)
 
本日は個人ブログとして、ちょっとこの1年を振り返りたいと思います。
 
  

すべてを失ったところから始めたのはサイト更新だった

BMLを再開したときを振り返ってみると、それは今年(2015年)1月末。当時、個人的に不運やうまくいかないことの連続でした。
 
そんなとき、自分自身変わるためになにか始めようと足掻いていて、見つけたのが自分が持っていたサイトの更新でした。
 
 
いかにも会社員らしいですが、名古屋出張に向かう1月某夜の新幹線の中でこのサイトを再開(笑)。
 
 
このサイトは、以前は私が住んでいたシェアハウスに遊びに来た人をインタビューするサイトとして運営していました。が、記事を10本程度書いたものの全く続かず。Facebookページのいいね!は当時は100ちょっと。しかもほとんど知り合いという状態でした。
 
 
そして再開した今年初めの記事のPVは忘れもしない、2・・・
  
 
  

続けていれば何かが起こった。

しかし結果は意外にもすぐに出ました。書き始めて3日目くらい、実体験について書いた挫折ばかりTOEIC350点の私が半年間で850点を達成し、アメリカ留学でネイティブと意思疎通ができるようになるために行った学習法が、はてぶで跳ね900ブクマに到達。
 
 
普段、自分自身個性がないと言われる中で、ずっと自分の色が出るものを作りたかった。その思いで自分にしか書けないことを書こうと思ったものでした。その週末には1,400越えブクマの記事も。
 
 
 
なるほど、制約やしがらみに影響されず、純粋に書きたいことを書くのは楽しい!そして読まれるのは本当に嬉しい!、と更新が楽しくなってきました。
  
 
 

新しい繋がりも多々できた。

カメリオ(ニュースキュレーションアプリ)を取り上げた記事がきっかけで、カメリオがものすごいダウンロードされた、という嬉しいことをお聞きできた事もありました。
CEOのシバタさんからご連絡をいただき、カメリオの公式チャンネルに登録させていただいたり、PR広告を掲載させていただいたりしました。
 
公式チャンネルに仲間入りしました!

 
何より自分がユーザーとして好きなサービスについて書いて、それを多くの人に読んでもらったことが嬉しかった。(シバタさんには色々とサイトの相談にも乗っていただき、感謝しきれません、、!)
 
 
 
 
1年以上前に書いた記事が突如バズり出したこともありました。
 
 
この記事は、ものすごく時間がかかったのに全く読まれず、思わず友人数名から噴き出された過去もありました。笑
が、その後反響をいただき、メールやメッセージをくれた方も多数居たり、何より自分のFacebookのタイムラインに知らない人からの拡散で出てきた時は嬉しかった。
 
 
私は20年余り商品パッケージの裏を欠かさずに見てきたがゆえ、コンビニ等で売っている商品は(購入したことがあってもなくても)味を想像するだけでほぼ100%原材料名を言い当てることができるのですが、そんなドン引きするスキルも意外と価値があったなと思いましたw
 
 
 

当然トラブルも多々起きた。

困ったことも多々ありました。海外よりサーバーが攻撃を受け、データが抹消されたり中断となることもあったり(そういう時に限って、アクセスが集中していたり・・・。)、記事が炎上して対応法に困り、ブロガーの方に相談したことも。
 
(結局は詳しい人に聞いたりGoogleで調べたり、自分で解決する方法はいくらでもありました。意外とそれを正す過程は楽しかったりした気がします)
 
  
普段会社員であるという完全なる言い訳で、本業が繁忙状態によると全く更新できない時期もありました。(ここは反省です。今後に活かしていきたい、、! )
 
 
 
 

結局、メディア運営が好き 

いろいろ自分の気の向くままに書きたいことを書いてきましたが、結局はサイト、メディアの運営がとても好きなのです。
 
長いものは丸1日かけてなど、比較的時間をかけて記事を書いています。更新したその一瞬見てもらうというよりも、長い間見てもらえたら嬉しいなと。
 
 
しかし没頭するあまり、時間やお金がかかりすぎてしまうことも。この記事なんかは情報をインプットするためだけに、書籍代17,000円もかかってしまうという驚愕・・・
 
 
FullSizeRender
(内容は自信ありなのでぜひみてください! )
 
まだまだ全然小規模なサイトですが、今後とも更新を続けていきたいと思います。 
 
 
 

振り返る、行動することの大切さ

メディアを再開しようと思ったきっかけは色々あるのですが、絶望的に落ち込んでいた時に「行動して前に進むこと」を思い出させてくれたのは、自分がいいなと思う発想をくれる人々だった気がします。
 
 
いくつか著名人をフォローしている中で、はあちゅう@ha_chuさん(カリスマブロガーで、最近はスッキリのコメンテーターとしてテレビにも出ている方)より受けた影響は大きい。その時この本を読んでいたおかげで行動に移せたと思っています。
 
著書「半径5メートルの野望」の中で特に印象に残っているのが、この言葉。
 
 
“自分の人生は自分で変えるべきだし、その方法も他でない自分で考えるべき”
“人生をつくるのは、行動だけ”
 
 
 
本を読んだ後に、感化されるのは大事だと思うのですが、結局自分の生活・行動に落とし込めてなんぼです。逆にそれがなければ意味がない。
 
 
1年近くサイトを続けてきて、「自分から何かを成そうと目標を持ち、それに向けて行動していくしかない」と改めて感じました。そして、行動すればきっと道は開けるはずだと。
 
 
(さすが猛烈な努力を続けられてきたはあちゅうさん。私はテレビをほとんど見ないのですが、なぜかスッキリだけは見ている、、!はあちゅうすごいな、とw)
 
 
 
 
自分の可能性をより広げて行きたいし、自分にしか書けないことを更新していければと、そしてより一歩抜きんでたいと思います。
  
 
という事で今後ともよろしくお願いいたします。
 

更新情報はこちら!

パリ市民の安全と平和を願うプロフィール写真を設定しよう。世界中のFBユーザーがフランス国旗に。

 

french-flag-777371_640

フランス・パリで発生した同時多発テロ

国際スケート連盟がボルドーでのフィギュア杯の開催中止を決めるなど、国際的に大きな影響が明らかになっている。

今、私たちにできることはなんだろうか。

 

そんな中、Facebookがまたも粋な取り組みで応援する手段を提供してくれた!

みなさんのFacebookの友人で、以下のようにフランス国旗で彩られたプロフィール写真に変更している人はいないだろうか?

Screen Shot 2015-11-15 at 00.00.38

これは、Facebookが「パリ市民の安全と平和を願うプロフィール写真を設定しよう。」と題して、一時的にフランス国旗をまとったプロフィール写真に変更できるサービスだ。

 

変更したい場合は、変更した友人(もしくは著名人)のタイムライン右横にある「試す」ボタンをクリックする必要がある。友人に変えている人がいなかったら、友人の友人などでもOKなので探してみよう。

 

以前、2015年6月26日に「アメリカ連邦裁判所は同性婚を合法化する」と決めた際のcelebratepride(レインボカラー)と似ている取り組みであるが、今回は1時間、1日、1週間など期間限定で設定もできることが特徴。

参考:全米で同性婚が合法化。歓喜と祝福で世界中のFacebookタイムラインが “虹色” に

 

ちなみに青、白、赤で構成されるフランス国旗はトリコロールと呼ばれ、それぞれ、青は自由、白は平等、赤は友愛を表す。

 

いま日本にいても私たちにできること、それは正しい情報を得ようとする姿勢と、共にいるという気持ちを伝えることなのかもしれない。Vive la France.