Pokemon Go先行レビュー。アメリカより日本の方がポケモンマスターに近いと思う3つの理由

 

日本でもリリース間近のPokemon Go。
アメリカ在住の機会を活かし、一足先にプレイして感じたことを伝えてみます。

 

まず初めにどうしても伝えたいのが、Pokemon Goはめちゃくちゃ面白い!

 

正直面白いなんてもんじゃなくて、今までみんなが求めてたリアルゲームって感じです。これは本当に凄いゲームだと思います。
IMG_1170    IMG_1299

みんなマジでプレイしてる!

本当に冗談抜きでみんなPokemon Goをやっています。
リリースした次の日から街は明らかにおかしかった。笑
スマホをいじっている人を見ると、みんなポケモンを捕まえてる。
街中を歩いて、歩いてるみんなが、同じことをやってる感動は素晴らしいものがあります。
IMG_1810 IMG_1680

 

水曜の仕事の後、近くの繁華街に出てみると、Pokemon Goをプレイする多くの人で湧き上がっていました。
小1時間でざっと300人ほどの人とすれ違ったでしょうか。思わずスマホをいじっている人の画面をちらっと見てしまうのですが、感覚では実に200人強はPokemon Goをプレイしていると思います。(これ、本当に盛ってないです!)

 

みんなこんな感じで、友達同士でカップルで家族で一人で、スマホ画面越しに現実世界に見るポケモンを追いかけています。これ、やばすぎるだろ!

 

運動嫌いなアメリカ人が外に出るようになった

IMG_1809
みんなプレイ中ずっと歩き回っています。

一概に言えませんが、私の印象では普段ほとんど運動していない層はアメリカでも多く、これまで運動してこなかった彼らの足が悲鳴をあげてるのは間違いありません。

ポケモンは家にいても捕まりません。さらにモンスターボールなどのアイテムが不足すると、課金するか名所に行かなくてはならないので、お金を払いたくなければ嫌でも出歩かなくてはならない。

 

車社会のアメリカにPokemon Goが与えた衝撃。みんなポケモンを捕まえに外に出だしたのです。
IMG_1813 IMG_1808
道を歩けば、みんながポケモントレーナーで、すれ違った人同士で、どんなポケモンがこの辺りにいたとか情報交換するようになり、フレンドリーな文化があってか街中で大盛り上がりをする人がちらほら。

 

レアポケモンが出たとの情報でニューヨークのセントラルパークに人が集まったり、森を歩き回っていて死体を見つけたり、指名手配犯が警察にポケモンを見つけに行き捕らえられたりと、とんでもないニュースが起きまくっています。

 

日本の方がポケモンマスターには近い?!

これは私の勝手な想定ですが、アメリカでのプレーヤーよりも、日本のプレーヤーの方が明らかに有利な点が多いと思います。
第一に、地理的な問題。
Pokemon Goは実際に街を歩いてポケモンを探すゲームです。いまのところ各種のブログなどによると、レアなポケモンは有名地に出やすい模様。

 

また、名所を回ることでアイテムや卵をゲットできるわけですが、アメリカは国土が広い。その点、日本は例えば東京や福岡のように、一拠点に集中して観光地(名所)や人が集まる場所が存在する。アメリカはそこに行くまで、車で移動しなければならない。

 

これは結構大きな話です。というのも、ポケモン探して歩き回ってると、かなり疲れます。(笑) 広くなればなるほど、なおのこと疲労は溜まってきます。

時間についても、移動手段がほぼ車であるアメリカに対し、日本は都市を中心に電車移動が主。電車に乗りながらPokemon Goはプレイできますが、運転中はもちろんプレイできないのも時間的制約が多いと思われます。(でもたまにやってる人いるw)

 

第二に、治安の問題。
アメリカでは、どんなに安全な都市といえど、夜中歩き回ることはまずありえません。
私は以前に、全米で最も安全な街に選ばれたこともある都市に住んでいたことがありますが、20時を過ぎたら誰も外を歩いていません。(というより昼間でも歩く人は珍しい)
他の都市でもニューヨークなど以外は、夜はびっくりするほど静まっています。

 

それに対し、日本は24時間営業しているコンビニをはじめ、夜中でも出歩ける環境にあります。
上記に記載の通り、Pokemon Goは歩き回らないとポケモンをゲットできないゲームなので、夜家の中にいてはゲームが進みません。
東京なんてまさに最強のポケモンフィールドになること間違いなしか、、!?
(それともアメリカ人、危険をおかして夜にも外出しだすか?)

 

第三に、物価の問題。
アメリカでは物価が総じて高いです。もちろんモノによりますが、食事に関していうと、ファーストフードなどを除けば外食自体総じて高い。
ハンバーガーやサラダなどの1品料理を食べたら、ランチでも単価で7〜15ドルかかります。

 

これは商品の値段で、加えてTAXとチップがかかります。TAXは州によって異なり概ね10%ほどですが、さらにチップが10〜15%乗るので、合計すると15〜20ドルはかかってしまいます。

 

日本でランチが1,000円以上かかる、丸の内や外苑前あたりのランチ事情に比べ、倍近くかかってしまうのです。

 

そうすると、ランチはお弁当を作って持参する人も多いです。(アメリカでは巨大な冷蔵庫に一週間や二週間分の食材をまとめて入れておくのが多いように思います。)
夕食についても、何より家族文化もあって、みんな家で食べることが多いです。
それに比べ、日本には350円で牛丼が食べられたり、100円マックが存在したり、格安居酒屋があったり、わりかし少額で外食できる環境があります。

 

これは、つまり外出したくなる土壌が日本にはあるということ。(これに、マクドナルドがPokemonバトルのジムと化すなんて、絶対にみんなマック行くだろ!)
ここに書いたのは一部ですが、満を持して日本でリリース迎えたら、あっという間に日本のプレーヤーが世界トップレベルになるのでは、、?(それも加味したサーバー増強か)
IMG_1685 IMG_1679

 

最後にプレイしてちょっと感じたまめ情報を載せます。

 

・電池は即効なくなる。絶対モバイルバッテリー必要
・ポケモンを捕まえる際は、止まったほうが捕まえやすい
・ポケモン出てきて鳴き声聞いた時は、マジ感動する
・なぜかアーボいっぱい出てくる
・1万歩はおろか5万歩くらい普通に歩く。筋肉痛注意
・ディズニーランドでもみんなポケモンを捕まえてた。ミッキーも捕まってた
 IMG_1690

スマート食品ラベル、バーチャルセラピー、週休3日制…実現化目前「39のイノベーション」で未来はどれほど変わるか

 

 

科学の研究が進むにつれ、夢のような技術が実現化しようとしています。

クリエーターのための情報誌 “クーリエジャポン” の2月号は、一歩先の未来に本当に実現する可能性が高い39のイノベーションを紹介しています。
 読んだ中で興味深かったものを調べてみました。いくつかご紹介します。

スマート食品ラベル

スクリーンショット 2016-01-04 20.29.44-1

世界中で生産される食料の半分が廃棄されており、そのうちの半分は家庭から排出されているといいますが、Bump Markという目の不自由な方のために作られた食品ラベルを使えば、このことを解決できる可能性が高いと言われています。
仕組みは、食品パッケージについたゼラチンでできた凹凸シールが食べ物の腐敗とともに変化し、シールの肌触りで鮮度がわかるというもの
これを応用すれば、保存料などの食品添加物を使わなくても良い食品が増えるかもしれませんね!

実現化の可能性レベル:★★★★☆
使ってみたいレベル   :★★★★★
※勝手に評価してみました。

バーチャルセラピー

3D空間を簡単に実現化するヘッドセットオキュラスリフトを活用した、バーチャルセラピーが本格化してきています。
これは米国の軍人を対象に、戦場から帰還した彼らにあえて戦地の光景を見せ、当時の心境を思い出させ逆説的にメンタルの治療を行うというもの。この活用で不安に打ち勝つためのバランスを保てるのだとか。(心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療)
これが転じて、医療においての活用もどんどん検討されており、 Sim Coachという家庭用のバーチャルセラピーも既に出ています。
コンピュータによるメンタルケアが今後、主流になっていくかもしれませんね。

実現化の可能性レベル:★★★★★
使ってみたいレベル   :★★★★☆

余談ですが、今年2016年は世界的にVR(バーチャルリアリティ)の元年となり、世界的に爆発的にこれらの技術が普及していくとのこと。まだ、体験していない方はこちらのカフェなどでできるようなので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

格安宇宙旅行

02_bo_launch_download-1
遠くの話かと思っていたら、なんと本年2016年には宇宙旅行のチケット一般販売が開始になるという。
お値段は日本円で約600万円。たっかー!!
それでも想像以上に現実的でしょうか?10年前頃までは、1億とか2億とか言われていました。現実的に頑張れば手が届く金額とも言えるかもしれませんね。
と、、調べてみたらこんな旅行会社さんも発見!こちらでは25万ドル(3,000万円)と高めですが、3日間の予行訓練もついているとのこと。民間でこんな会社が出てくるなんて、宇宙旅行は確実に身近になってきているようですね。

実現化の可能性レベル:★★★★★★★★
使ってみたいレベル   :★★★★★★★★

これほどまでに宇宙への道が近づいている理由はイノベーターの存在があります。
Amazonが昨年11月に再利用可能ロケット打上に成功したように、アメリカで今最も有名な起業家イーロン・マスク氏、日本では堀江貴文氏など、多くの世界を変えてきたイノベーターがこぞって宇宙事業に取り組んでいます。
より安価で安全な宇宙旅行も、そう遠くはない未来かもしれませんね!

 

シックス・センス

スクリーンショット 2016-01-04 21.24.56-1シックスセンスとは人間の第六感のこと。ブルースウイルスが熱演した1999年公開の映画を見た方も多いはず。

そんな人間の第六感を使う第一歩とも言える、「音を振動に変化するチョッキ」が既に実現間近といいます。

これは神経科学者のデイビッド・イーグルマンが開発したもので、ブルートゥースの技術を応用し、スマートフォンから感知した「音情報」を、着用しているチョッキの「振動という動き」に変化させ、人体に伝えているというもの。

スクリーンショット 2016-01-04 21.26.33-1

彼はこういった新しいインターフェイスを通じて、身の回りの世界の今まで見えなかった情報を感じ取れるようにできると主張します。130万回再生されたこちらのTEDの動画もぜひチェック!

シックスセンスはかなり面白い映画なので、まだ見てない方はこちらも。

実現化の可能性レベル:★★★★★
使ってみたいレベル   :★★★★★★★★

 

週休3日制

2838166564_6695672f93_z-1
ITの普及と利便性のますますの向上により、人々の仕事の質は高まっています。
独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると、テレワークを導入した多くの企業が生産性の向上、家庭生活と仕事の両立を実現化しつつあると言っていることがわかっています。
今後はペッパーなどのロボティクス技術の登場も手助けし、ますます一人当たりの労働量・労働時間は減っていく(全体で見ると、生産性の向上)ことがわかっています
実は既に「週休3日制」を実現している企業もいくつかあります。(ユニクロやIBMなど、合理的な経営をしている企業です)しかも給与額は変更ないとのことなので、嬉しいですね!

いかがでしょうか。他にもある39の実現化目前のイノベーション。
続きはぜひご自身で確認してみてください。
新しい技術にワクワクしつつ、新しいものをどんどん生活に取り入れていきましょう。

2015年使ってよかった Webサービス・アプリTop7

 
 
いよいよ年の瀬も近づいてまいりました。ブレイク(@Blake18l)です。
1年間ゆるくも楽しくブログを書いてきましたが、今年も色々な便利ツールが生活を支えてくれたと思います。
来年を迎えるにあたり、年末年始にぜひ使い始めて欲しい便利なITサービス(Web・アプリ)をランキング形式でお伝えします。
 
 

7位 aTimeLogger2

aTimeLogger 2 - Personal Time Tracker & Time Sheet

aTimeLogger 2 – Personal Time Tracker & Time Sheet
開発元:BGCI
¥360
posted with アプリーチ
自分の活動時間を可視化できるログ管理アプリ。ワンタッチで行動を計測できます。AppleWatchを活用するため思い切って買ってみましたが、AppleWatchとの相性は抜群でした。これを入れるだけでAppleWatchを使う理由ができるとも思います。(笑)
自身が無駄な行動をしていないか、最適なアウトプットは出ているか、計測して仕事・生活の質を高めたい方にぜひ。
 
 

6位 Money Forward

言わずもがなのNo.1お金管理ツール。各種クレジットカードやキャッシュカードの預金残高、TポイントやPontaなどのポイントカード、航空会社のマイルまですべて連携させてしまうのは、少々怖い気もするものの、これを使うだけでたしかに無駄な出費は格段に減った気がします。
有料会員サービスがちょっと高いので、そこをなんとかして欲しいところ。ですが、無料で全然使えると思います。
 
 
 

5位 Amazon Prime

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

IMG_0280

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

IMG_0289

[/wc_column][/wc_row]

即日配達に魅力を感じて、昨年より利用していましたが、今年のサービス改訂は素晴らしかったです。

動画無料配信に加え、音楽も無料に、Kindleまで一部無料になり、そして新サービスPrime Nowでは、対象商品が2時間以内無料、890円で1時間以内にも配送してくれるとのこと。
Amazon Primeが米国では100ドルくらい(12,000円ほど)することを考えても、かなりお得感のあるサービス。
商品数も圧倒的ですし、時折ある大セールやポイントサービスも圧巻。来年もAmazonでのお買い物が手放せそうです・・。
 
 

4位 メルカリ

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ
引越し、断捨離の際に大活躍しました。商品の紹介方法などにもよりますが、購入価格の70%くらいの値段で売れると思います。
僕は使わなくなり捨てようと思っていたテレビやDVDレコーダー、アイロンや炊飯器などの生活家電を全部売って、5万円程にもなりました。30秒ほどで出品もできてしまうので、捨てる前にまずは出してみることをお勧めします!
  
 

3位 カメリオ

Screen Shot 2015-06-19 at 03.25.51
 
Screen Shot 2015-06-19 at 03.26.00
 
今年もよく使いました。当メディアも公式チャンネルに掲載していただき、多くのアクセスをいただきました。必要な情報は自分自身が検索して探すもの、という情報に関する基本的な考えは変わりませんが、自分好みの自動キュレーションはやはり素晴らしい。再三書いてますが(笑)、情報収集はカメリオとFacebookタイムライン、NewsPicksの3つで事足りる気がしてます。
 
 
 

2位 Photo Shrinker 

PhotoShrinker

PhotoShrinker
無料
posted with アプリーチ
iPhoneの容量がいっぱいで写真が撮れない!という人が身の回りに多いことがわかった時に見つけたアプリ。使いやすさ抜群で無料でここまで容量が圧縮できるのはすごい。1/15とかになりますからね!さすがにこのアプリはもっと早く使っておくべきだと思った。
ちょっとiPhoneの枚数が多くなってきているので、有料版を購入しようかと検討中。。
 
 
 

1位 Sound Cloud

個人的に今年最も使ったWebサービスは、Sound Cloud。
SoundCloud: 音楽&オーディオ

SoundCloud: 音楽&オーディオ
開発元:SoundCloud Ltd.
無料
posted with アプリーチ
今年は定額の音楽配信サービスがたくさん世の中を沸かせてくれましたが、無料で世界中のDJ・キュレーターのプレイリストを使い勝手よく聴けるサービスは他にないと思います。
 
こちらのプレイリストもよろしければ!

 
 
さて、年の瀬ということでゆっくりしつつ、2016年に備えたいと思います。
以上、Top7。気に入ったものがあれば、ぜひ活用してみてください。

遠距離恋愛をしているカップルに朗報!遠く離れた人たちの心をつなぐ、”粋な技術” に注目

 

「今年のクリスマスは会えない」

遠距離恋愛中のカップルは、もしかしたら諦めていたことかもしれない。

しかし、いま、その「距離」を超えて二人が会えるサービスがある。

 

今回は、大阪に仕事で赴任している彼と、東京にいる彼女というケース。

スクリーンショット 2015-12-13 8.54.36

 

クリスマス前、彼女の携帯にインビテーションが届く。恐る恐る当日指定されたレストランへ行ってみると、、

スクリーンショット 2015-12-13 8.36.01

 

当日、なんとそこには彼の姿があった。画面の先に大阪にいる彼の姿が。
400Kmの距離をなくし、二人はクリスマスディナーをできることに。

スクリーンショット 2015-12-13 8.37.38

これは、auのSync Dinnerというサービス。

通信技術と映像技術を駆使した、等身大のビデオチャットで「遠く離れた人たちの心をつなぐ」がコンセプトだ。

400km離れたディナーは、ボタニカ(東京)­とラ・フェットひらまつ(大阪)で開催される。お値段はお一人8,000円で様々な演出サービスもついている。

 

モニタ上部にはグラスの動きを検知するモニタまで用意されており、二人の特別なディナーを演出してくれる。

スクリーンショット 2015-12-13 8.43.36

 

驚くことに、なんとろうそくの火まで消せる。

スクリーンショット 2015-12-13 8.40.41

 

記念撮影までできるらしい。

スクリーンショット 2015-12-13 8.40.32

auが企画してくれたこのなんとも粋なディナーは実は今年で2年目。毎年多くの募集が集まる抽選制のよう。

最先端技術を活かして人々を豊かにする素敵な仕組み。クリスマスだけでなく、今後この新しいディナーの形がいっぱいになってほしい。

 

動画はこちら。

Macユーザー必見!スクリーンショットを”PNG”から”JPEG形式”に1分で変更する方法!

SEP_355215221321-thumb-815xauto-17902 
ブログ投稿や情報共有に欠かせない “スクリーンショットの撮り方”。
Macユーザーの方は以下の2つの方法でできる。
 
 

画面全体のキャプチャを取る場合は、以下のコマンドを、

command」+「shift』+「3」キー

 

画面上の選択範囲のみを撮影する場合は、以下のコマンドとなる。

「command」+「shift』+「4」キー

 
 
さてそんな便利なスクリーンショットであるが、問題はその保存形式。デフォルトでは「.PNG方式」となっていることをご存知だろうか。
 
PNGのままでも問題はないのだが、場合によってはメールなどで送れない、アップロードが出来ない、
banner koubouなどPNGからJPEGに変えるサービスもあるが、さすがにスクショした画像の一枚一枚を変換するのは煩わしい。
 
 
そんな時、どうすればスクリーンショットのファイル形式を変更できるのだろう?
実はこれ、やり方は至って簡単。1分で終わる!
 
 
 
 
ターミナルを起動し、以下をコピペしてエンターを押下するだけ! これだけなのである。
(ターミナルの場所が不明な方は、アプリケーション→ユーティリティと探してください)
 
defaults write com.apple.screencapture type jpg
 
 
 
さらにいったんシステム再起動をする必要があるため、以下のコマンドも入力する必要がある。
 
killall SystemUIServer
 
 
 
なお、GIF形式に変更する場合は以下。最後の部分を「gif」 に変えるだけだから簡単だ。
 
defaults write com.apple.screencapture type gif
 
 
 
再びPNG形式に戻す場合は以下を叩こう。
 
defaults write com.apple.screencapture type png
 
 
 
 
いずれの場合も一度、システムを再起動することをお忘れなく!
 
 
JPEG形式となったおかげで「JPEG mini」などのツールで、画像を圧縮することができるようになる。
サイトを運営している人、ブログを書いている人はぜひ、利用してほしい。