Macユーザー必見!スクリーンショットを”PNG”から”JPEG形式”に1分で変更する方法!

SEP_355215221321-thumb-815xauto-17902 
ブログ投稿や情報共有に欠かせない “スクリーンショットの撮り方”。
Macユーザーの方は以下の2つの方法でできる。
 
 

画面全体のキャプチャを取る場合は、以下のコマンドを、

command」+「shift』+「3」キー

 

画面上の選択範囲のみを撮影する場合は、以下のコマンドとなる。

「command」+「shift』+「4」キー

 
 
さてそんな便利なスクリーンショットであるが、問題はその保存形式。デフォルトでは「.PNG方式」となっていることをご存知だろうか。
 
PNGのままでも問題はないのだが、場合によってはメールなどで送れない、アップロードが出来ない、
banner koubouなどPNGからJPEGに変えるサービスもあるが、さすがにスクショした画像の一枚一枚を変換するのは煩わしい。
 
 
そんな時、どうすればスクリーンショットのファイル形式を変更できるのだろう?
実はこれ、やり方は至って簡単。1分で終わる!
 
 
 
 
ターミナルを起動し、以下をコピペしてエンターを押下するだけ! これだけなのである。
(ターミナルの場所が不明な方は、アプリケーション→ユーティリティと探してください)
 
defaults write com.apple.screencapture type jpg
 
 
 
さらにいったんシステム再起動をする必要があるため、以下のコマンドも入力する必要がある。
 
killall SystemUIServer
 
 
 
なお、GIF形式に変更する場合は以下。最後の部分を「gif」 に変えるだけだから簡単だ。
 
defaults write com.apple.screencapture type gif
 
 
 
再びPNG形式に戻す場合は以下を叩こう。
 
defaults write com.apple.screencapture type png
 
 
 
 
いずれの場合も一度、システムを再起動することをお忘れなく!
 
 
JPEG形式となったおかげで「JPEG mini」などのツールで、画像を圧縮することができるようになる。
サイトを運営している人、ブログを書いている人はぜひ、利用してほしい。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published.