2ヶ月で英語をマスターする「レアジョブ本気塾」でマジで海外駐在を目指しては、という提案

長年手を付けられない英語学習を攻略するための最終手段!2ヶ月の徹底学習で英語をマスターし、海外駐在を実現するのはいかが。

「海外で働きたい、だが英語の壁…」

「英語は長年挑戦できていない…」

そんな悩める現代人に向け、元祖オンライン英会話の王家レアジョブが凄いサービスを世に提供しています。

その名もレアジョブ本気塾。2ヶ月で本気で英語取得に挑む「超集中プログラム」ですね。



私も学生時代、海外経験なしから独学でTOEIC850点まで勉強しましたが、正直社会人になってから普段の仕事がある中で、これを実現するのはかなりハードルが高いと思っています。

参考:挫折ばかりTOEIC350点の私が半年間で850点を達成し、アメリカ留学でネイティブと意思疎通ができるようになるために行った学習法

 

英語の独学には大きな壁があって、

  1. 続かない(継続が難しい)
  2. 正しい勉強法がわからない(コツが掴みづらい)
  3. 教えてくれる人がいない(挫折へ、、)

という、挫折への動線がきっちりできています(笑)。

 

特に3が大きいんじゃないかなと個人的に思っています。だから誰かに教わるというのは、時間が限られている社会人にはある意味、必須

お金で圧倒的な成果を買う感覚とも言えますが、強制してくれる環境をお金で買うことは、凄く価値があります。理由はもちろん、英語をマスターすることは早いほうがいいからです。

 

私は20代で数百人の同期最速でアメリカ駐在をさせていただいたのですが、TOEICなどの英語のスコア、英会話を含め、本当に早期に英語学習をしていたことがとても大きかった、と考えています。

ちなみにスピーキングには非常に苦労しました。もっと日本で勉強しておくべきであった、とは何度と思ったことか、、!

参考:28歳、アメリカで1年間働いて感じた10のこと

20代が過ぎ、30代が過ぎ、時間が経っても「英語が上達したい!」という思いはずっと出てくるはず。それであれば早くにやることを強くおすすめします。英語を学ぶことで海外勤務になり、人生を変えてみる、というのも手と思います。

 

このレアジョブ本気塾が優れている点は、大人のためのサービスであること。

必要な英語をビジネス英語に絞り、海外駐在や海外部署異動に必要なTOEICのスコアアップに特化しています。

英語は闇雲に勉強するものではなく、必要なものに絞って勉強することが鉄則です。その点、創業時から累計2000万回のレッスンにより培われた、レアジョブのカリキュラムは安心感があります。

 

専属トレーナーと二人三脚で目標に向かえるのも大きいですね。ただし、本気です!

おしゃれなレッスン会場は、アクセスの良い渋谷と原宿に2箇所。

体験レッスンの参加が無料!当日はスピーキング力のチェックや、学習アドバイスも貰えます!

無料の1レッスンを受けてまずは初めの一歩を。今回こそは一年奮起して、英語を攻略してやりましょう!


東京都出身。2011年から株式会社NTTデータで勤務し、2016年春から一年半アメリカ・ロサンゼルスに駐在。2018年春、株式会社メルカリに転職。インターネットが好きです。