UberやLyft, Junoなどアメリカライドシェアサービス8種の最新状況レポート

アメリカのライドシェアサービス利用レポートです。

 

 

旅行や出張でアメリカに入国する前に、対応しておくべきことが一つ。UberやLyftなど配車アプリのインストールと設定です。

アメリカに来てからおよそ一年半弱の期間で、30人ほど友人をアテンドさせていただいたのですが、皆さんやっぱり忙しいので、UberやLyftのインストールを忘れがち。

配車アプリを初期登録するためには、SMS認証が必要なので、機内モードでWifi受信となっているスマホでは登録ができません。余計な通信料が発生してしまうので、事前に日本で対応する方がベターです。

 

さて、本日はそんな便利で移り変わりが激しい「アメリカライドシェアサービス事情」について纏めてみます。

1. Uber

Uberは最も知られた配車アプリと言えると思います。2017年8月現在、世界82ヶ国で展開され、全世界で一日平均550万乗車をする物凄いサービス。タクシーよりも圧倒的に安価で便利に呼べることが特徴。

実は日本でも展開(東京のみ)されていますが、タクシー業界の規制から、日本では料金が高い状況です。

さて、Uberには何種類かランクがあります。

画像左のEconomyでは3種類。相乗りのUberPOOL通常のUberX6人まで乗れるUberXL。おすすめは安価で済み、他の乗客とも交流が生まれるUberPOOL。時間がない時以外はこれが良いと思います。

画像右のPremiumはベンツなどのハイランクの車が来ます。真ん中のBLACKはプロのドライバーが運転手となります。

 

次の選択肢。画像左のMoreでは、スペイン語のドライバー選択ハンディキャップの方向けのサービスも選ぶことができ、画像右LUXはハイランクの車+プロのドライバーを兼ね備えた最上級サービスとなります。こんな感じで色々選べます。

 

Uberはアメリカのみならず、最近はアジアでも導入が進んでいます。

 

また、企業の総務担当の方にとって朗報が一つ。Uberは乗車後に送られてくるレシートに移動箇所、日時、料金が明確に記載されている非常に透明性の高いサービスなので、コーポレート利用においてはタクシーよりも良いかもしれません。

 

会社としては、時価総額7兆円のユニコーン企業と評価されるも、セクハラ問題など社内トラブルが多発し、2017年6月にCEOは辞任するなど色々と問題が起きています。

ドライバーからの訴訟・クレームなども相次ぎ、2017年6月にドライバーの待遇改善プログラムが発表されました。

 

Uberのドライバー向け改善施策。利用してわかる改善点は以下の通り。
・以前は存在しなかったチップ制度が存在
・ドライバーが乗客に落とし物を届ける際、手数料(15ドル)が追加
・乗客がオーダーをキャンセルした場合、5分以上で5ドルのペナルティだったが、2分に変更

 

なお、マンハッタンやサンフランシスコなどエリア限定で「乗り放題」のUberPlusもあります。現在はサンフランシスコのみで提供されている模様。

色々ありますが、やはり安価で便利、ライドシェアサービスの事実上のデファクトになっています。

Uberアプリ プロモコード(初回15ドル割引):satoshio30ue

 

2. Lyft

Uberを猛烈な勢いで追従するのがLyftです。現在の提供は米国のみ。一日の平均乗客車数は2017年7月に100万回を越えました。

基本的にUberと同じ仕組みで、ドライバーによっては、Uber、Lyftの両方のドライバーをやられていたりします。

どちらのサービスも、現在地の需要と供給の量によって値段が変化するため、Google Mapで目的地を調べると、UberとLyft両方の金額が表示されるので、安い方を選ぶと良いと思います。

 

ドライバーにとっては、Lyftが待遇面で人気が高いです。チップ制を初期段階から導入しており、給与も高め、また以下の様な格安(ロサンゼルスは1ドル)のカーウォッシュもあります。

ちなみにアプリあまり関係ないですが、LyftはSEO対策が物凄くされているのか、類似のライドシェアサービスの名称を検索すると、大体Lyftが一番上にヒットするよう対策されています。。

Lyftアプリ プロモコード(初回10ドル割引):SATOSHI006045

 

ここからは東海岸を訪れる方におすすめのアプリをご紹介。

3. Via

ニューヨーク・マンハッタン内の直線移動が一律5ドルでできるアプリ。マンハッタンは地図の通り、縱橫に通りがある長方形の構造であるため、このアプリは非常に利用価値があります。

利用は基本的に他の乗客とシェアになりますが、料金が一律であるのが最大の利点。

現在はマンハッタン以外にもブルックリンやニュージャージーの一部、ワシントンDCやシカゴにも対応エリアを拡大しています。

CEOのDaniel Ramotは、名門スタンフォードで神経科学のPhDを取得した他、10年以上大学で研究をしていたことでも有名です。

Viaアプリ  プロモコード(初回10ドル割引):satoshi5r3

 

4. Juno

次いでは、ニューヨークのマンハッタンの110st以南を、一律で10ドルで乗れるJuno。マンハッタン内は多くの観光地、ビジネス街がこのエリアに収まるので、マンハッタンで生活する上では非常に重宝するアプリです。

以前はGettというサービスもありましたが、Junoが買収しました。(こちらもニューヨーク・マンハッタン内を$10で移動できる神アプリです)

Junoは強豪よりも、60%程度低いコミッション徴収の制度を取るなど、ドライバーへの還元が最も大きいことで有名です。

CEOであるTalmon Marcoは、楽天が2014年に900億円で買収した音声アプリViberの創業者としても知られています。

Junoアプリ(初回30%オフ)

 

5. Curb

続いてはタクシーを呼べる配車アプリの紹介。Curbは米国のみの展開ですが、65都市で利用可能。基本的にUberに近しいサービスですが、イエローキャブを筆頭にタクシーを呼ぶという点が異なります。対象台数は全米100,000台(Uberは160,000台)。

メリットとしては、プロのドライバーであること即座に呼べること、さらに2ドルのフィーを払って予約をできるということ

Uberは空港に到着時は非常に混雑になり、20分待ち料金も高額、なんてこともよくあるので、この点は大きいと思います。

Curbアプリ  クーポンコード:N22P24

 

6. Summon

サンフランシスコへ訪れる忙しいビジネスマンにおすすめのサービスがこちら。

Y combinator出身者が作ったサービス。基本的にUberらと同様ですが、こちらも予約ができるという点と、料金体系が異なります。20分12.5ドルの定額で、他に空港まで定額性を取っています。

San Francisco Int Airport (SFO) – $30
Oakland Int Airport (OAK) – $50
San Jose Int Airport (SJC) – $120

 

また、ドライバーをお気に入り登録することもできます。

対象エリアはいわゆるサンフランシスコ周辺のベイエリア、バークレー、シリコンバレー周辺に限られます。主にドクターアポや空港までの利用時に使うことを推奨している模様。

現在はアプリ版は停止し、Webのみです。

 

7. Chariot

14人まで乗れる大型車を呼びたい場合はこのサービスを。パーティ時などに。現在はサンフランシスコ、ニューヨーク、シアトル、オースティンでのみ展開しています。


CEOのAli Vahabzadehは英語、ペルシャ語、フランス語、スペイン語を話すマルチリンガルの若手起業家。

Chariotアプリ

 

8. Carzac

ドライバーの考えが少々他と異なるのが、このサービス。自分がどこかへ向かう際に「ついでに」乗客をピックアップしてライドシェアするもの。空いてる席を有効活用したいドライバーにメリットがあります。

通勤に特化したアプリDuetScoopも似たようなサービスです。これらのアプリに共通する点は、より安価で、通勤などよりローカルの日常活動にフォーカスしている点です。

Carzacアプリ

 

その他にARROHoveeFlywellなどのアプリもありますが、特段、利用者にとって上記よりも優位性があるものではない印象。

▲ARRO(左)とFlywell(右)。UIもUberやLyftに非常に似ている

 

なお、ライドシェアサービスは競争が非常に激しく、新しくリリースされるアプリも多いですが、なくなっているアプリも多いです。

各社のドライバー争奪戦は熾烈ですが、利用者としてはどんどん便利になっていくサービスをぜひ利用したいところ。

お読みいただき、ありがとうございました。

米国ロサンゼルス在住29歳。米国文化、テクノロジー情報を中心に発信しています。
無類の野菜好きで健康志向。詳細プロフィールは上記リンクより。フォローお願いします。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here