【続TOEIC学習法】勉強に集中するために絶対に心掛けておきたい7つのこと

TOEIC学習において、実際の学習時に集中するために意識すべきこと7つです。

前回のエントリーをお読み頂き、ありがとうございました。何かしらでお役に立てていたら、嬉しいです!
本エントリーでは少し書くことができなかった「勉強中、集中するために心掛けておきたいこと」について書かせて頂きます。

前提

前提として、私は会計士や弁護士の国家資格に合格しているわけではありませんし、私の成功法○○、といったことは語ることはできません。そういった非常に高度なことを書くわけではないですが、そもそもトップまで目指すべき領域と、そうでない領域があるかと思います。
TOEICにおいても、800と900で何かが違うかというと、そんなに実益的な大差があるわけではないかと考えています。英語は、プロフェッショナルとして抜きん出る、ということが難しい領域であると思いますが、最低限求められるレベルは高まっているとも思います。
そのため「英語は全く話せないのではなく、ある程度わかり使えること」に価値がある領域であり、ちょうどその目安がTOEIC800であると考えています。まあある程度わかります、って言えるイメージですね。
前置きで言いたかったこととして、あくまで勉強の絶対的有効方法を述べているわけではない、ということと、英語は極めるべき領域でなくほどほどを目指すべき、という2点です。
そして本エントリーでは、上記前提のもと、「勉強時に集中するために心掛けていくべきこと」を7つ書きたいと思います。少々テクニックやライフハック的なことですが、何かの参考になれば幸いです。

1. 勉強のゴールを毎回設定する

3005297355_b151b28fd9_z

Pic By Flickr

まずは、勉強をしよう!と考えた際に、何時間、何を勉強するのかを事前に決めておくことをおすすめします。イメージは以下のように、これくらいいけそうかな、とざっくりと計画を立てます。

 

時間:2時間

内容:・ダイアログ単語帳 (レッスン10〜20)
・ 文法問題集(p100〜p140)

 

はじめは見積もった計画通りに行かないことが多いと思いますが、次第にこれくらいと程度が分かってきます。そして今日1日の目標達成という、小さな成功体験を積むことにも繋がります。

この時に意識すべきことは、一度で覚えず、繰り返し学習して覚えるものだ、と割り切ること、しかし計画した内容は必ず触れること、です。

 

2. 学習直後に予定を入れておく

6728580615_0d2948ea31_o

Pic By Flickr

後ろに仕事であったり、飲み会であったりと予定を入れておくことで、制限時間の意識が生まれ、時間に追い込まれる状況を作ることができます。絶対に2時間でやらなければならない!という環境を作ることでパフォーマンスを最大化できると思います。

私の場合は、バイトに行く前や休憩時間、予定のスキマ時間を活用していました。

 

3. 夜に勉強しない

14810809941_3776963d60_z

Pic By Flickr

2の理由から派生します。夜中は睡眠を減らすことで時間が無限に確保できてしまうので、歯止めがきかず、だれてしまうことが多いです。また夜の勉強は、遅くまで起きているだけで、自己満に陥りやすいため避けた方が無難です。

私も夜に勉強して「ふ〜もう2時か!今日もよくやったな〜」と自己陶酔に陥っていましたが、私生活の他のこともあり、朝型にせざるを得ない状況であったことがポジティブに働いていたと思います。

朝型にすることは、人間の体内リズム的に集中しやすい、時間の制約がある、携帯が鳴らない、など何かにつけて勉強にアドバンテージが多いので、おすすめです。

 

4. 携帯の電源は絶対に切る

4585763335_7f28bb758f_z Pic By Flickr

本を読むときでも、考え事をするときも同様のことが言えるかと思いますが、携帯の電源は絶対に切っていた方がいいです!これは絶対に!

マナーモードでなく、「絶対に鳴らない状況」であると、自然に携帯の存在を意識しません。予定の確認などの理由で、携帯を見る必要があっても、途中で何度か確認する、として切っていた方が集中が続きます。

 

5. 勉強中、美味しいドリンク/お菓子を食べない

11952703724_45938842fb_z

Pic By Flickr

私はカフェで勉強していましたが、ブラックコーヒーを頼んでいました。これは好みの問題でなく、あくまでコストを抑えるためとカフェインで眠気を取ろうとするためですが、お伝えしたいことは、カフェに行く目的をドリンクや料理にしてはいけないということです。

カフェに行く目的は、あくまで勉強することと意識付けておく必要があります。私はラテ類が大好きですが、勉強中には「いまは勉強をしている時なのだ」と割り切って美味しいものは頼まないようにしていました。

(なんでこんなことを敢えて書いているのかというと、究極的には勉強に集中するコツ、続けるコツはメリハリだと思うためです。敢えて赤ら様に普段と違い、いまは勉強しているのだ、と意識づける空間を作ることは有効だと思います。)

 

こういったものは以前にhow to系の書籍などで調べていました。…が、やってみて思うのは、そういったことにはなるべく時間をかけないで、いくつかを参考に自分のパターンを決めたら、あとは「勉強法を学ぶこと」には時間を使わないことをおすすめします。大事なのは勉強ですね!

ちなみに、スターバックスは2杯目のコーヒーが同サイズで100円となるため(別店でも可)、2度勉強することができ、おすすめですよ!

 

6. 常に英語を聞いている

8002568278_ac23f10b9c_b

Pic By Flickr

これは意見の分かれそうなテーマかもしれませんが、私は移動中にリスニングCDを聞いていました。歩いてる時は、以外と勉強に適していると個人的には考えています。ただし、数十分とかの長い文でなく、あくまでダイアログの会話など、短いものです。もちろん集中しすぎて転んだりしないように、注意は必要です。

 

7. 勉強しない日があっても自分を責めない

5605024451_342fc6885a_o

あまりにストイックにやり過ぎると絶対に続かないので、休む日を作りサボることも大事だと思います。結果を出すためには、半年なり何ヶ月か単位の時間が必要ですが、決して短くはないです。何度か休みながら、とガチガチにしないほうが気持ち的にゆとりができると思います。

ただ、これは学習を継続してから。私はやると決めたその日から2ヶ月くらいは、毎日必ず何かしらは続けていました。

以上、7つ。いかがでしょうか。少しでも有益なものとなりお役に立てば幸いです!